« (о´・ω・)<ヤッラー☆ | トップページ | 「シリョクケンサ」 »

2011年8月14日 (日)

「小夜子」

今回、紹介するボカロ曲は、
みきとPの「小夜子」(初音ミク)


まず、歌詞ですねぇ。
凄く新鮮なのが、固有名詞を出してるところ。
iPhoneとか、人名とか・・・

身近に感じ取れる部分です。


ですが、曲の中の女の子は少し特殊な子の様で、
コメントでもメンヘラって書かれちゃってます。

メンヘラってのは、調べて頂いた方が詳しく分かると思いますが
簡単に言えば、不思議ちゃん・・・・が近いかな。

そして少し、精神が病んでる部分を持ってる感じ。
かまってちゃん的な子もよくメンヘラって言われ方しますねー。


そんな子っぽいので、そういうコメントがあると思うんですが

少なくとも、歌詞の中にあるような
気分が落ち込んで、人と接するのも億劫な感覚・・・
っていうのは経験した人もいると思います。


さすがに、手首に傷をつけるまではいかなくても、
死にたい、とか消えたい って
思った事がある人はけっこう居るんじゃないでしょうか。


その辺で、共感を得るか得ないかで、
その人のリア充度が分かる気がします。


この歌詞の理解に苦しむって人は、
まぁまぁ人間関係も充実していて、日々の暮らしに
さほど不満をもってないんじゃなかなぁ~と。

勿論、個人的な意見ですが。


この歌詞に共感出来る人、理解を持てる人は
少なからず、この世から自分が消えたら・・・
というのを想像した事がある人なんじゃないかなぁ。

そして、自分が消えても気づかれない・・・とか
でも、誰か気づいてくれる人が居るかもしれない・・・とか

そういう気持ちになった事があるんじゃないでしょうか。


最後の「うん 消えてしまおう」っていうのは
凄く、興味深い言葉です。

色々と、深く考えてしまうんですが
でも、生まれてきて生きてきて、
自分の事を知ってる(誰か)が居る限りは
『消える』なんて事は 絶対に無理です。

でも、「うん 消えてしまおう」なんですよね・・・・

そこが本当に深くて、とても考えさせられました。


答えみたいのは、あるはずもないので
各自、自分なりの解釈で聴いてみて欲しいです。


ただ、間違っても 死 を見据えた曲ではない、
と、思ってます。
入り込みすぎないように。
客観的に物事を捉えるのも大事ですので 

では今回は、この辺で。
(o・ω・)ノ))

« (о´・ω・)<ヤッラー☆ | トップページ | 「シリョクケンサ」 »

コメント

>こんなこと言うの可笑しいですけど;

とんでもないです。
読んで頂けて嬉しいです。

自分の感想でしかありませんが、
少しでも考えるヒントになれたなら幸いです。

こちらこそ、ありがとうございました。

少し。
理解できたような…気がします。

ありがとうございました

えなさんへ。

コメントありがとうございます。
自分なりに色々考えながら文章書きました。

凄く深い曲だと思うので、
聞いた人の数だけ答えがあるのかなぁ、と。

文の打ち方、と言うか話し方がとても優しくて
読んでいてすごく、こう…なんと言うか
良い感じになれました 笑


そうですよね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (о´・ω・)<ヤッラー☆ | トップページ | 「シリョクケンサ」 »